リンゴ酢の成分、効果、効用

ここでは、リンゴ酢の成分、効果、効用や、リンゴ酢の詳細な説明をしています。

リンゴ酢の成分

酢酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸、アミノ酸、カリウム

リンゴ酢の効用・効果

疲労回復、食欲増進、高血圧予防、肝臓病改善、肥満防止

リンゴ酢の詳細な説明

リンゴ果汁を発酵、熟成させた醸造酢でアップルビネガーとも呼ばれています。酢酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸には代謝を活発にする働きがあります。疲労物質である乳酸やピルビン酸の生成や蓄積を抑え、疲労回復、肩こり解消などの効果があります。アミノ酸は脂肪を脂肪細胞にたまりにくくするので、肥満を防止する効果があります。カリウムは体内の過剰な塩分を排出し、血圧を下げる働きがあるので、高血圧の人は料理に酢を使うとよいでしょう。また、酢には殺菌作用があることも知られています。民間療法では、切り傷の応急手当として傷口の消毒に酢を使うこともあります。食中毒を起こすサルモネラ菌やブドウ球菌などを30分以内に死滅させるという強力な殺菌作用を持つので、まな板や料理道具の殺菌に使用することも可能です。さば寿司などは、酢の効用を活用した料理のひとつと言えるでしょう。

■お役立ち情報
ローカロ生活の通信販売!
「食べながら」痩せれるダイエットです。イチオシです。ローカロ生活の商品に興味をもてば上記から。購入もできます。

コスメ・ワールド(化粧品)
ブランド化粧品の激安。ネットで買うと安いです。

身近な食品の効能(トップページ)