梅肉エキスの成分、効果、効用

ここでは、梅肉エキスの成分、効果、効用や、梅肉エキスの詳細な説明をしています。

梅肉エキスの成分

クエン酸、リンゴ酸、カテキン酸、ピクリン酸、ムメフラール

梅肉エキスの効用・効果

疲労回復、便秘改善、下痢改善、二日酔い改善、冷え性改善

梅肉エキスの詳細な説明

青梅の果汁を絞り、ペースト状になりまで煮込んだものです。民間療法として、便秘、下痢、食あたりなどの薬として、日本でも古くから親しまれてきました。梅肉エキスに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、疲労物質である乳酸の生成を抑える働きがあります。カテキン酸は、腸の働きをよくします。ピクリン酸は肝臓を活性化させます。また、ムメフラールは血液の流れをよくします。こうした有効成分の作用によって、疲労回復、便秘改善、下痢改善、二日酔い改善、乗り物酔い予防、冷え性改善、冷えによる肩こりの改善などに効果を示します。有機酸には殺菌効果があり、最近では、Oー157に対しても有効なことが分かり注目されています。

■お役立ち情報
ローカロ生活の通信販売!
「食べながら」痩せれるダイエットです。イチオシです。ローカロ生活の商品に興味をもてば上記から。購入もできます。

コスメ・ワールド(化粧品)
ブランド化粧品の激安。ネットで買うと安いです。

身近な食品の効能(トップページ)